横川の茶屋本陣 群馬県指定史跡(安中市)

横川茶屋本陣

横川の茶屋本陣(群馬県指定史跡)は、代々横川村名主を務め幕末頃は坂本駅の助郷惣代をも兼ねた武井家の西の一部で、軒は居宅と同一で、居宅分は二階があり、本陣の方は二階を作らず天井を高くした構造となっています。

居宅と本陣との境は、三尺の畳敷きの廊下で区切られ、襖が奥まで通じています。本陣は、控の間が二間、その奥に八畳の上段の間となっています。

観光地・施設情報

所在地群馬県安中市松井田町横川609
お問合せ先安中市観光協会
電話番号027-385-6555
料金なし
時間常時外観のみ
(個人の敷地となりますので立ち入りにはご注意下さい)
定休日常時外観のみ
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他一般住宅となっていますので非公開。見学の際はご迷惑にならない様十分注意してください。
横川の茶屋本陣
(参考:群馬県教育委員会 旧松井田町教育委員会資料)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 安中市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です