吉井藩陣屋の表門 市重要文化財(高崎市)

吉井藩陣屋表門

吉井藩陣屋の表門は、宝暦2年(1752年)に吉井藩陣屋が矢田から吉井に移った後に建てられ、いつ建造されたかは不明ながら約200年は経っています。 この表門は、明治4年の廃藩置県に陣屋が解体されたおり、売却され民家に移築されましたが、昭和45年に当主新井潔氏が旧吉井町に寄贈し、この場所に復元されました。

表門は、間口5.8m、奥行2.47m、高さ5.37mあり、控柱から架けられた梁によって切妻屋根が前方へ持ち出しになり、側面の姿が非対称形になっています。
(高崎市教育委員会資料より)

観光地・施設情報

所在地群馬県高崎市吉井町吉井
お問合せ先高崎市役所 教育委員会教育部 文化財保護課
電話番号027-321-1292
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場行政施設の駐車場をご利用
トイレあり
自販機あり
売店なし
その他
  • トイレは隣接の行政施設(開館時間内)にて確認ください。
  • 飲料水は近隣にあり
群馬県高崎市吉井町吉井

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 高崎市   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です