薬師堂 市指定文化財(富岡市)

薬師堂(富岡市)

薬師堂は、天保3年(1832年)の建造と記された棟札が存在したと伝えられ、虹梁の唐草絵様や彫刻の装飾化の程度から19世紀初期から中期にかけての建造と考えられています。

薬師堂の様式は、江戸時代に長野県諏訪地方で成立した、建築彫刻に重点をおいた大隅流様式の仏堂で、三間×三間の入母屋造に、軒唐破風の向拝一間を備えています。

向拝正面の頭貫上部や繋虹梁、手狭、木鼻、身舎の頭貫といった部分の優れた彫刻は、大隅流様式の特徴を良く伝え、市内に数少ない大隅流の社寺建築物として貴重なものです。

観光地・施設情報

所在地群馬県富岡市上高瀬1675
お問合せ先富岡市役所 文化財保護課(※文化財のお問合せのみ)
電話番号0274-62-1511 富岡市役所代表
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場薬師堂横に駐車スペース(ただし、駐車場かは不明)
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
群馬県富岡市上高瀬1675

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 富岡市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です