前田家御宝塔 七日市7号古墳 市指定史跡(富岡市)

七日市7号古墳

七日市藩の十代藩主前田利和(としよし)は、初代藩主利孝の二百回忌にあたり、天保10年(1837年)この地に元祖廟を建立しました。現在、御宝塔と呼ばれている記念碑がここに残されています。

碑は宝篋印塔の形で、高さは4.5m、基礎の幅と奥行は94cmあり、利孝の諡(おくりな)と生年月日、梅鉢の家紋が刻まれています。また、基礎の左側面から裏面・右側面にかけて利孝の実績を後世に伝える銘文が漢字で記されています。

前田家御寶塔(七日市7号古墳)

元祖廟の建立されたこの丘は、古墳時代後期に築造された直径30mほどの円墳「七日市7号古墳」で、七日市藩陣屋の西辺の石垣にあたる場所です。

観光地・施設情報

所在地群馬県富岡市七日市1451
お問合せ先富岡市役所 文化財保護課
電話番号0274-62-1511
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
前田家御寶塔(七日市7号古墳)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 富岡市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です