碓氷関所跡 群馬県指定史跡(安中市)

碓氷関所跡

醍醐天皇の昌泰2年(899年)に群盗を取締るために碓氷坂に関所が設けられました。 この場所に関所が移ったのは、元和年間(1615~1623年)といわれ、幕藩体制を中心とした徳川幕府の確立・安定という政治的意味から「入鉄砲と出女」の取締りを行うためと云われています。明治2年(1867年)に廃関されるまで中山道の要所となっていました。

現存する門柱と門扉は、当時使用されていたもので、総ケヤキ材の要所に金具を用いた堅固な作りとなっており、また屋根材6点と台石も当時のもので、昭和34年1月に、東京大学教授工学博士 藤島亥治郎氏の設計で復元されたものです。(復元された門は東門で、この場所は番所跡にあたる)

碓氷関所跡 おじぎ石 ■おじぎ石
通行人は、この石に手をついて手形を差し出し通行の許可を受けたそうです

観光地・施設情報

所在地群馬県安中市松井田町横川乙573
お問合せ先安中市教育委員会 文化財保護課(学習の森)
電話番号027-382-7622
料金無料
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
碓氷関所跡

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 安中市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です