上古語父の枝垂れ桜 市指定天然記念物(沼田市)

上古語父の枝垂れ桜

上古語父(かみここぶ)の枝垂れ桜は、推定樹齢150年、樹高10メートル、目通周囲2.3メートルで、白沢地区では最も大きい枝垂れ桜とされ、開花時期は4月中旬頃です(※開花時期は天候等により異なります)。この枝垂れ桜は、「沼田市東町田の観音様の枝垂れ桜の子」と伝えられています。

観光地・施設情報

所在地群馬県沼田市白沢町上古語父1785-2
お問合せ先沼田市観光協会(沼田市観光交流課内)
電話番号0278-23-2111
料金なし
時間開花時期は4月中旬頃
※開花時期は天候等により異なります。
定休日なし
駐車場上古語父トレーニングセンター前(※一時的に)
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
上古語父の枝垂れ桜

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, , 水上・奥利根・猿ヶ京・沼田・尾瀬, 沼田市, 自然・花, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です