旧草軽電鉄北軽井沢駅舎(長野原町)

旧草軽電鉄北軽井沢駅舎

草軽電鉄は、明治42年(1909年)、当時の草津町の有力者が集まり草津興業株式会社を設立し、大正4年(1915年)小型蒸気機関車により営業を始めました。大正13年(1924年)には動力を電化し、大正15年(1926年)には草津温泉から新軽井沢間55.5kmの全線が開通しました。昭和14年(1939年)には、社名を草軽電気鉄道株式会社と改め発展し、その後、台風被害や急速な自動車輸送に押され昭和36年(1961年)に廃止されました。

424_kitakarueki03

電気機関車「デキ12形」の実物大模型(木製)

旧草軽電鉄北軽井沢駅舎

旧草軽電鉄北軽井沢駅舎南側面

北軽井沢駅は、開通当初「地蔵川停留所」といわれていましたが、昭和4年地蔵川地区内に法政大学村が開村され、大学村が駅舎を新築し草津電気鉄道株式会社に寄付し、軽井沢の北側に位置していたため「北軽井沢駅:と呼ばれるようになりました。正面玄関は和洋折衷形式で、欄間には法政大学を示す「H」の文字が白くデザインされています。(駅舎は、平成17年に改修工事が行われ、平成18年に国の有形文化財に登録。)

観光地・施設情報

所在地群馬県吾妻郡長野原町北軽井沢1924
お問合せ先北軽井沢観光協会
電話番号0279-84-2047
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場周辺に一時的な駐車は可能
トイレあり
自販機なし
売店
その他飲み物は、近隣の商店、もしくは少し離れたところのコンビニで。
旧草軽電鉄北軽井沢駅舎

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 草津・万座・北軽井沢・四万・吾妻, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ, 長野原町   タグ:   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です