七日市藩陣屋跡(富岡市)

七日市藩陣屋正殿

七日市藩は、前田利家の五男前田利孝が元和2年(1616年)に甘楽郡内に一万石の領地を幕府から拝領したことにより陣屋を構えたことが始まりです。以後12代に続き、移封、改易もなく明治4年(1871年)の廃藩置県まで225年の間この地を領しました。

現在、天保14年(1843年)に再建された藩邸の一部として、正殿の玄関から書院にあたる御殿とよぼれる部分が富岡高校敷地内に残っています。また、本家の加賀藩前田家の赤門(現在の東京大学)に対して黒門と呼ばれた門も残る。

観光地・施設情報

所在地群馬県富岡市七日市1425−1
お問合せ先富岡市役所 文化財保護課
電話番号0274-62-1511
料金なし
時間富岡高校正門の開門していれば見学は自由
定休日
駐車場富岡高校駐車場利用
トイレ
自販機
売店
その他※詳細については富岡市役所へご確認ください。
七日市藩邸跡

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 富岡市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です