赤城護国神社 市指定文化財(渋川市)

赤城護国神社社殿

赤城護国神社社殿は、旧敷島小学校(現在の津久田小学校)の奉安殿であったものを、昭和49年6月の改築工事に伴い津久田の赤城神社境内に移転し、昭和52年4月旧赤城村北地区の戦没英霊348柱を招魂合祀して護国神社の社殿として用いられることとなった。

赤城護国神社社殿は、間口2.1メートル、奥行2.16メートル、高さ3.3メートルの瓦葺入母屋土蔵造りで大正10年1月29日津久田の須田行作氏個人の寄付によって造られ、当時の最高技術による施工で建築されたもとして、渋川市の重要文化財に指定されています。

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市赤城町津久田363
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場津久田赤城神社境内
トイレ
自販機
売店
その他
赤城神社境内の赤城護国神社社殿

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です