吉良上野介陣屋跡と産湯井戸(藤岡市)

吉良上野介陣屋跡

芝居忠臣蔵で有名な吉良家は、現在の藤岡市白石に七百十二石を領し、慶安3年(1650年)から元禄16年(1703年)までここに陣屋を置きました。

吉良上野介の陣屋跡には、領主吉良若狭守の正室が、伊香保温泉に湯治した帰途、この屋敷に滞在して上野介義央を産んだとされ、産湯を汲んだと云われる井戸(下の写真)が残っています。井戸水は毎月1回赤く染まったことから「汚れ井戸」と呼ばれ、飲料水にはしなかったと云われています。

吉良上野介陣屋跡井戸

観光地・施設情報

所在地群馬県藤岡市白石
お問合せ先藤岡市教育委員会 文化財保護課
電話番号0274-23-5997
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他
吉良上野介陣屋跡の井戸

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 藤岡市, 見る・遊ぶ   タグ:   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です