閻魔大王と奪衣婆 町指定重要文化財(神流町)

閻魔大王と奪衣婆

閻魔大王と奪衣婆は、神流町の麻生地区にある多目的広場(ゲートボール場)の奥、山側の斜面を登った場所にあります。

閻魔大王と奪衣婆は、十王信仰によるもので、人は死んだ後十王(10尊)によって10回の裁きを受け、奪衣婆が死者から剥ぎ取った衣類の重さで罪の重さを量り、十王の一人である閻魔が5回目の裁きを担当するというもの。

この閻魔大王と奪衣婆は、閻魔大王が高さ85cm、幅65cmで、奪衣婆が高さ80cm、幅55cmあり、信州高遠の3人の石工によって制作されたものです。この場所には昔長安寺という曹洞宗の寺があり、明治11年頃の火災で焼失し廃寺となっています。

観光地・施設情報

所在地群馬県多野郡神流町麻生
お問合せ先神流町教育委員会事務局 生涯学習係
電話番号0274-57-2111
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他
閻魔大王と奪衣婆

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 神流町, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です