西間野(猿落し)の磨崖碑 市指定史跡(高崎市)

西間野(猿落し)の磨崖碑

西間野(猿落し)の磨崖碑は、かつて信州へ通じる草津街道の西間野地域猿落しに「暗がり」と呼ばれる難所があり、人馬の交通にきわめて困難をきたしていたため、文化6年(1609年)篤志家によって旧道の上方に平坦な新道が開削され、その難事業を記念した碑が崖面に刻まれたものです。

この西間野(猿落し)の磨崖碑は、本来現在地より北約10メートルの道路山側にあったものを、平成3年の県道改修工事に伴い、切り取って移したものとなります。

観光地・施設情報

所在地群馬県高崎市上里見町
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機
売店
その他
西間野(猿落し)の磨崖碑

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ, 高崎市   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です