上里見谷ヶ沢の庚申宮 市指定重要文化財(高崎市)

上里見谷ヶ沢の庚申宮

上里見谷ヶ沢の庚申宮は、県道48号線沿いの山側の高台にあり、寛永16年(1639年)4月の銘がある地区で最も古い庚申塔です。

庚申塔の高さは120センチ、横70×87センチの石宮で、正面には庚申信仰の対象である三尸虫が陽刻されています。(三尸虫とは人の体内にすむ三匹の虫で、道教では庚申の晩、人が寝ている間に抜け出し、その人の罪を天帝に告げ口し、天帝が罪の重さで人の寿命を決めるというもの)

※写真は庚申宮が祀られた場所を広く写しています。

観光地・施設情報

所在地群馬県高崎市上里見町
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機
売店
その他
上里見谷ヶ沢の庚申宮

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ, 高崎市   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です