上西根の五輪塔 市指定重要文化財(伊勢崎市)

上西根の五輪塔

上西根の五輪塔は、疑灰岩製で総高131センチメートルと比較的小型ながら欠損部分が少なく原形をそのまま今日に伝えています。五輪塔とは、空・風・火・水・地を宇宙の生成要素と説く仏教思想に基づくもので、五つの部分から形成されています。

上西根の五輪塔は、石材や形態および彫刻の特徴などから造立年代は鎌倉時代末期(十四世紀前半)と推定されています。この付近は、下植木七屋敷の一つである三蔵院屋敷跡と伝えられ、凝灰岩の石塔や宝塔などの残欠が多数散見され、当時、仏教信仰の篤い地域であったことが知られています。

観光地・施設情報

所在地群馬県伊勢崎市鹿島町155-1
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他
上西根の五輪塔

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 伊勢崎市, 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です