新宿の変型板碑 市指定重要文化財(伊勢崎市)

新宿の変型板碑

板碑は、石板製の卒塔婆で、青石と呼ばれる緑泥片岩を産出する秩父地方を中心に分布しています。この新宿(あらじゅく)の変型板碑は、板石製の板碑と異なることから変型板碑と呼ばれています。

新宿の変型板碑の塔身は安山岩製で高さ93センチあり、頂部が三角形の山形を呈し、緑部に約4センチの縁取りがあります。塔身中央には、梵字と蓮華座が陰刻され、その下部に銘文が刻まれています。銘文には明応2年(1493年)とあり、室町時代後期に建立されたことがわかります。

観光地・施設情報

所在地群馬県伊勢崎市波志江町1410
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他
新宿の変型板碑

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 伊勢崎市, 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です