館林城鐘 県指定重要文化財(館林市)

館林城鐘

館林城鐘は、寛文13年(1673年)、館林城主 徳川綱吉が城内をはじめ城下へ時を知らせるために下野天命(現在の栃木県佐野市)の鋳物氏長谷川次郎左衛門藤原勝重に鋳造させた城鐘(じょうしょう)です。

城鐘の大きさは、口径75センチ、重さ540キログラムを測り、駒の爪や撞木座、上部のツバ、下帯の文様などに江戸時代の巨鐘の特徴を示しています。

この城鐘は、綱吉の後を継いで館林城主となった綱吉の子徳松丸が、天和3年(1683年)に死去し、館林城が一時廃城となった際に、城鐘が不要となったことから、当時時報係をつとめていた縁故で応声寺に下げ渡されました。

■参考・転載:館林市誌ほか

観光地・施設情報

所在地群馬県館林市西本町2-50
お問合せ先応声寺
電話番号0276-72-3207
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場あり、応声寺参拝者駐車場
トイレ
自販機
売店
その他
応声寺の館林城鐘

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 見る・遊ぶ, 館林市   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です