伊香保関所(伊香保口留番所) 市指定史跡(渋川市)

伊香保関所(伊香保口留番所)

伊香保関所(伊香保口留番所)は、寛永8年(1631年)幕府の命によりこの地に設置された関所を復元したもので、当時の関所は間口五間、奥行三間の約15坪の藁葺屋根の建物で、周囲に木棚が巡らされ、東西に門扉が設けられていました。

当時高崎より渋川、北牧、中山を経て越後に至る三国往還にあった杢ケ橋関所が、吾妻川の増水で通行できない事もあり、渋川から伊香保、中之条を経て中山宿へ至る三国街道の裏往還が利用され、また湯治に訪れる人たちの往来も多く、その要所として伊香保関所(伊香保口留番所)が設置され役割を果たしていました。

関所は番役人として伊香保の大屋2名(年番)、下番2名の計4名が勤め、明治2年の新政府誕生と共に関所廃止令によって閉所となる間、約238年にわたって役割を果たしました。

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市伊香保町伊香保34
お問合せ先渋川伊香保温泉観光協会
電話番号0279-72-3151
料金無料
時間9時~17時(11月~3月は9時~16時30分まで)
定休日第2・第4火曜日
駐車場市営駐車場利用(駐車場から徒歩)
トイレあり
自販機あり
売店あり
その他

【アクセス】

■電車利用
  • JR渋川駅から関越交通バス伊香保温泉行きで約30分
  • JR高崎駅から群馬バス伊香保温泉行きで1時間20分 終点伊香保案内所下車
■車利用
  • 関越自動車道渋川・伊香保ICから県道渋川松井田線経由で約20分

※上記は伊香保温泉へのアクセス

※トイレ、自販機、売店等は石段周辺各所に

伊香保御関所(伊香保口留番所)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 美術館・博物館, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です