藤生家のソテツ 市指定天然記念物(太田市)

藤生家のソテツ

蘇鉄は、裸子植物ソテツ科の常緑低木で九州から沖縄など温暖な地域に自生し、観賞用としても栽培されています。藤生家のソテツは、推定樹齢200年以上で、樹高約3メートル、最大根回り1.2メートルあり、関東南部以南では庭植えの例も多いものの、県内ではこの大きさの例はないと云います。また、庭植えとしては北限ではないかと推察されています。

藤生家のソテツは、当主のご先祖藤造氏が江戸時代末期に埼玉県大里郡柿沼(現在の熊谷市)の醸造家渋沢氏より譲りうけ移植したものです。以来、藤生家では毎年十一月に霜除けをし、大切に保護しています。

※写真は6月上旬に撮影。7月以降の暖かい時期になると葉が成長し立派な姿をみると当主の方からお聞きしました。見学は7月下旬以降の暖かい時期がベストかもしれません。

観光地・施設情報

所在地群馬県太田市藪塚町2194
お問合せ先太田市教育委員会 文化財課
電話番号0276-20-7090
料金なし
時間個人宅敷地内のため、日中の明るい時間帯で。住人の方に声をかけるなどして見学を
定休日なし
駐車場なし。ただし、住人の方、近隣の方に確認すれば、見学など短時間の駐車は可能かもしれません
トイレなし
自販機
売店
その他
藤生家のソテツ

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 太田市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です