富田の宝塔 市指定重要文化財(前橋市)

富田の宝塔

富田の宝塔は、輝石安山岩製で、総高205.9cmの相輪・笠石・塔身・基礎からなり、室町時代始めの頃の特徴を示しています。

相輪(相輪とは宝塔の屋外(または笠)の最上部の突き出た部分)は、上から宝珠、竜車、九輪、請花・伏鉢、露盤と呼ばれ、請花には蓮弁が陰刻されています。投信は、上部が太く、下部にいくにしたがって細くなる亀型となっています。

かつては、赤城山南麓地域に多く分布すると言われ「赤城塔」と呼ばれてきましたが、榛名山麓にも同型のものがあることから宝塔と呼んでいます。この地域では同様の宝塔が二宮赤城神社にもあります。

観光地・施設情報

所在地群馬県前橋市富田町33
お問合せ先前橋市教育委員会 文化財保護課
電話番号027-224-1111
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他
富田の宝塔

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 前橋市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です