普蔵寺供養塔(最善寺) 市指定重要文化財(前橋市)

普蔵寺供養塔

普蔵寺供養塔は、高さ134センチの輝石安山岩製の板碑型供養塔です。この供養塔は、東大室にあった普蔵寺(廃寺)に安置されていたもので、正面を将棋の駒形に彫り込み、その中に阿弥陀三尊の種子と銘文「為之凡四型康生元乙亥十一」(康生元年=1455年)が刻まれています。

最善寺境内の馬頭観音ほか

最善寺境内の馬頭観音ほか

最善寺境内の双体道祖神

最善寺境内の双体道祖神

観光地・施設情報

所在地群馬県前橋市東大室町6
お問合せ先前橋市教育委員会 文化財保護課
電話番号027-224-1111
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場参拝者駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他
最善寺境内の普蔵寺供養塔

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 前橋市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です