東禅寺角塔(角塔婆) 市指定重要文化財(桐生市)

東禅寺角塔(角塔婆)

東禅寺の角塔(角塔婆)は、高さ87センチメートル、底部の一辺が28センチメートルの上部がやや細くなった角柱で、材質は疑灰岩でできています。四面には「南無阿弥陀仏」、左側面下部に制作日が陰刻(くぼませて彫ること)されています。

制作は建武5年(1338年)と古く、閏7月3日は新田義貞が戦死した日と一日違いであり、東禅寺が新田氏所縁の寺であるとの伝承もあることから、この角塔が新田義貞と関係があると推察されています。

角塔は板碑と同じ一種の供養塔ですが、この塔の側面下部には、横にほり込んだ穴があり、遺骨でもおさめられていのではないかと思われます。

観光地・施設情報

所在地群馬県桐生市川内町1丁目369
お問合せ先瑞雲山 東禅寺
電話番号0277-65-6472
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場参拝者駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他

【文化財に関するお問合せ】

桐生市教育委員会 TEL:0277-46-1111(代表)

東禅寺の角塔婆

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 桐生市, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です