泉龍寺の庚申の塔 村指定重要文化財(上野村)

泉龍寺の庚申の塔

泉龍寺の庚申塔は高さ245センチメートル、土台を含む総高は265センチメートルあり、建立は文久元年(1861年)と記されています。この塔は自然石に庚申の文字が100刻まれ「百庚申」と呼ばれていますが、正しくは「一石百庚申塔」で村内唯一の存在です。

昔、人間の体には三尸(さんし)という虫がすんでいて、庚申の晩に人間が眠った隙を見て昇天し、日頃の罪過を天帝に告げ口し、天帝はその軽重によって寿命を縮め、命をも奪ったといわれていました。こうした庚申信仰により建立されたのが庚申塔です。

366_senryuji01

庚申塔は泉龍寺入口(写真の右手)に建っています。

■上野村教育委員会資料参考・転載

観光地・施設情報

所在地群馬県多野郡上野村乙父929
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場駐車スペースあり
トイレ
自販機
売店
その他
泉龍寺

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 上野村, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です