滝沢古墳 町指定重要文化財(吉岡町)

滝沢古墳

滝沢古墳は、下野田の滝沢川右岸にありましたが、関越自動車道の路線にかかるため発掘調査後、現在地に築造当初の形に推定復元したものです。

墳丘は直径12メートル、高さ2メートルほどの小円墳で、高さ1メートルの付け基壇を有し、石室前には台形に開く前庭があります。墳丘の表面には軽石や川原石を用いた葺石があり、周囲には浅い堀が存在しました。

埋葬主体部は、全長5.5メートル、玄室長2.7メートル、玄室幅1.8メートルの横穴式両袖型石室で、側壁下半部には浮石室角閃石安山岩、上半部には硬質安山岩を配する乱石積となっています。壁石の一部はノミで削られ、玄室入口には切石の玄門があります。

古墳の年代は、石材の加工技術や構築法などから7世紀と考えられています。

観光地・施設情報

所在地群馬県北群馬郡吉岡町下野田559
お問合せ先吉岡町教育委員会事務局 生涯学習室
電話番号0279-54-3111
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場吉岡町役場駐車場利用
トイレ
自販機
売店
その他
滝沢古墳

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 吉岡町, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です