遠見山古墳 市指定史跡(前橋市)

遠見山古墳

遠見山古墳は、長さ80メートルほどの前方後円墳で、六世紀初頭ごろ築造と推定されています。

墳丘は前方部が低く、後円部の中ほどは削平され若干低くなっているが葺石が多く見受けられ、周囲に10~20メートル幅の堀跡も確認されています。また、遠見山古墳からは埴輪片が多く出土したといいます。

遠見山の名称は慶長9年(1604年)総社城築造時に、遠見のための櫓が設置されていたことから名づけられたと考えられています。

観光地・施設情報

所在地群馬県前橋市総社町総社(字給人城川甲)1410他
お問合せ先前橋市教育委員会 文化財保護課
電話番号027-224-1111
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場城川公民館へ一時的なら駐車可能。ただし、公民館利用者がある場合は確認を。
トイレ
自販機
売店
その他
遠見山古墳

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 前橋市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です