黒滝山不動寺・大杉(南牧村)

黒滝山不動寺山門

黒滝山不動寺(村指定史跡)は、標高870mの黒滝山に建つ山岳信仰の霊場で、高源元泉和尚を山主に延宝3年(1675年)潮音道海禅師が中興開山し、禅堂、大雄宝殿、山門など禅林としての堂宇を整えました。本尊は、行基作と伝えられている金躰不動明王と元禄7年(1694年)に寄進された釈迦如来(釈迦三尊仏)で、元禄6年(1693年)には、当寺を本山とする黄檗宗黒滝派(潮音派)の末寺、支院末庵は200余を数えました。

黒滝山不動寺開山堂

黒滝山不動寺開山堂

開山堂には開山潮音禅師の寿像、開基の像とともに江戸幕府第5代将軍 徳川綱吉嫡男の徳松(2歳で家督を継ぎ館林藩主に)、佐賀藩主鍋島光茂・綱茂など数多くの位牌が安置されています。

黒滝山不動寺の大杉(県指定天然記念物)

黒滝山不動寺の大杉(群馬県指定天然記念物)

黒滝山不動寺の大杉は、高さ約41メートル、根回り10メートル(目通り6.6メートル)あり、境内の林の代表的な巨木で山門手前の参道にあります。

観光地・施設情報

所在地群馬県甘楽郡南牧村大字大塩沢1266
お問合せ先黒瀧山不動寺
電話番号0274-87-3037
料金参拝見学無料(祈祷等は除く)
座禅:一人1000円(2名から要予約)
時間8:00~16:00
定休日なし
駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他駐車場は県道202号線途中にあり、県道終点までの車の乗り入れは要確認。県道は道幅が狭いので走行に注意してください
黒滝山不動寺

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 南牧村, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です