馬場重久の墓 群馬県指定史跡(吉岡町)

吉岡町 馬場重久の墓

養蚕は江戸時代から上州(群馬)における重要な産業の一つでした。馬場重久は、寛文3年(1663年)に現在の吉岡町北下に生まれ、医を業としながら貧農の救済に努力しました。

正徳2年(1712年)に「養蚕育手鑑」を著して農民を指導するとともに馬場鍬(くわ)を考案して普及させるなど、農業の改善をはかり産業発展につくしました。

養蚕育手鑑は、十一か条からなり、蚕の飼育方法のほか、蚕種貯蔵、蚕具等も教え、古いしきたりに頼っていた初期の養蚕業に大きな発展をもたらしました。

観光地・施設情報

所在地群馬県北群馬郡吉岡町北下329-1
お問合せ先吉岡町教育委員会事務局 生涯学習室
電話番号0279-54-3111
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他一般墓地内のためマナーを守って見学ください
馬場重久の墓

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 吉岡町, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です