安楽地の板碑 町指定重要文化財(下仁田町)

安楽地の板碑

安楽地の板碑は、高さ125センチで、阿弥陀三尊の種子が彫られ、貞治7年6月17日(1368年)の南北朝時代に制作された下仁田町内で最も古いものです。

板碑は、町内で一番大きく形態的にも整い、緑泥片岩に彫られた種子、蓮座の蓮弁・蓮実もはっきりしています。

板碑は墓地内のお堂に安置されていますが、格子戸越しに見学することができます(※板碑とともに安置されている木製のお像が目に飛び込み、驚く可能性もありますのでご注意ください)。

安楽地の板碑を安置するお堂

観光地・施設情報

所在地群馬県甘楽郡下仁田町馬山 安楽地
お問合せ先下仁田町教育委員会教育課(ふるさとセンター)
電話番号0274-82-5345
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
安楽地の板碑

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 下仁田町, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です