野の六地蔵幢 市指定重要文化財(桐生市)

野の六地蔵幢(桐生市)

野の六地蔵幢は、安山岩製で、基壇、基礎、幢身、笠、露盤、宝珠の順に建てられ、高さ1.82メートルあります。

幢身には、東西面に1体ずつ、南北面に2体ずつの計6体の地蔵が線刻されています。笠石は、六地蔵を意識し六角形に造られています。

野の六地蔵幢の地蔵線刻部分

六地蔵は、お寺の参道や墓地の入口などに建てられる事が多く、仏教の六道輪廻の思想から、六道(地獄道、餓鬼道、畜生道、修羅道、人道、天道の6つの世界)のそれぞれを6種の地蔵が救うとする説から生まれたものです。

■参考資料・転載:桐生市教育委員会資料より

観光地・施設情報

所在地群馬県桐生市新里町野409
お問合せ先桐生市教育委員会管理部 文化財保護課
電話番号0277-46-1111
料金なし
時間常時、ただし日中など近隣の方のご迷惑にならない時間帯で
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
野の六地蔵幢

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 桐生市   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です