桜森のヒガンザクラ 県指定天然記念物(渋川市)

桜森のヒガンザクラ

桜森のヒガンザクラの場所は、かつて桜の名所として住民から親しまれ「桜の森」と呼ばれていました。

この桜森のヒガンザクラは、推定樹齢約400年の古木で目通り4.8メートル、樹高12メートルあります。学名はベニタチヒガンザクラといい、花は早春に咲きだし、濃紅色で、枝がしだれず直立しています。

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市赤城町津久田
お問合せ先渋川市文化財保護課
電話番号0279-52-2102
料金なし
時間開花時期は4月上旬頃
定休日なし
駐車場八幡宮境内に数台駐車可
トイレ
自販機
売店
その他

【アクセス】

  • 車利用
    関越自動車道 赤城ICから県道70号線を国道17号方面へ、津久田交差点を右折し県道151号線を約1km(渋川市立赤城北中学校向かい)
桜森のヒガンザクラ(渋川市)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, , 渋川市, 自然・花, 見る・遊ぶ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です