半田 早尾神社 市指定重要文化財(渋川市)

渋川市 半田 早尾神社本殿 渋川市指定文化財

半田の早尾神社本殿は、覆屋の中に鎮座する間口148cm、奥行244cm、高さ512cmの素木造で、柿葺(こけらぶき)の屋根を持ち、渋川市指定重要文化財に指定されています。

壁面、柱の上部や縁の下の木組み、梁、仕切り板、手狭など、至る所に熊谷の人 小林源八正信の作と言われる彫刻が施されています。

半田の夫婦欅 軒札には、文化14年(1817)に群馬郡青梨子の桜井丹後藤原知義、半田の山口利根七積富と、半田の阿久沢宗左衛門の三人の宮大工により作られたとあり、彫刻過多ともいえる意匠や細部の特徴から、建造は軒札通りと判断され、江戸時代後期の特徴を示す貴重な神社本殿建築と言えます。

■左写真:夫婦ケヤキ

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市半田1439
お問合せ先渋川市観光協会事務局(渋川市観光課内)
電話番号0279-22-2111
料金なし
時間常時(本殿は、ガラス越しに常時見学可能)
定休日常時
駐車場あり(但し駐車場を利用できない場合もある)
トイレあり
自販機なし
売店なし
その他
36.466788,139.023721

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です