デキ型電気機関車2号機 上州のシーラカンス(富岡市)

デキ型電気機関車2号機

デキ型電気機関車2号機は、もみじ平総合公園にある市立美術博物館の屋外に展示され、富岡市の重要文化財に指定されています。

このデキ型電気機関車2号機、大正13年(1924年)、当時の上信電気鉄道株式会社が路線の電化に際して、1号機・3号機とともにドイツから輸入した電気機関車のうちの一両です。この2号機は、平成6年(1994年)上信電鉄株式会社が鉄道貨物輸送を廃止したことにより富岡市に寄贈されました。

大きさは、全長9.18メートル、幅2.675メートル、高さ3.874メートル、重量は34.54トンの特徴的な凸型の車両で、多くの鉄道ファンから「上州のシーラカンス」の愛称で親しまれています。製造会社はドイツのシーメンス・シュッケルト電気株式会社で、車両はドイツの車両製造会社 マン社製です。

観光地・施設情報

所在地群馬県富岡市黒川351-1 市立美術博物館屋外展示
お問合せ先富岡市民生活部 文化振興課 美術博物館係
電話番号0274-62-6200
料金デキ型電気機関車2号機の観覧はなし
時間常時
定休日常時
駐車場あり
トイレあり
自販機
売店
その他

【アクセス】

■電車利用
  • 上信電鉄「上州富岡」駅からタクシーまたは乗合タクシー利用で10分。乗合タクシーは黒岩線に乗車して「もみじ平総合公園前」を下車
  • JR信越線磯部駅からタクシーで10分
■電車利用
  • 上信越自動車道「富岡IC」及び「下仁田IC」から車で15分
デキ型電気機関車2号機

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 富岡市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ:   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です