中山敷石住居跡 県指定史跡(高山村)

群馬県指定史跡「中山敷石住居跡」

中山敷石住居跡は、縄文時代の中期後半から後期前半のものと言われ、昭和48年3月に発掘されました。敷石住居跡は、地下約50センチの所にあり、中央には石組の炉や平石が廊下状に並べられています。

住居跡は東西に長く全長が約5.3メートル、南北に2.8メートル(主体部)あり、西側に張出部分をもつ特殊な形となっています。住居跡付近の傾斜地では過去に土器や石器等の出土もあり、広い範囲にわたる遺跡が推定され、中山敷石住居跡もこれ等遺跡の一部分を構成するものと考えられています。

中山敷石住居跡

観光地・施設情報

所在地群馬県吾妻郡高山村中山1663
お問合せ先高山村教育委員会
電話番号0279-63-3046
料金なし
時間常時、ただし近隣住民の方のご迷惑にならない時間帯で
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機
売店
その他
中山敷石住居跡

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 草津・万座・北軽井沢・四万・吾妻, 見る・遊ぶ, 高山村   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です