真光寺の鐘 市指定重要文化財(安中市)

真光寺の鐘(安中市)

真光寺の鐘は、原市の仁井与惣衛門が真光寺に寄進した鐘で、安中藩第12代藩主 板倉勝暁の代に「時の鐘」として許可され、鋳直(いなお)して鐘楼を建て直し、天明元年(1781年)7月2日に撞き始めが行われました。

真光寺は天保3年(1832年)に本堂、鐘楼が焼失しましたが、その後も時の鐘として、男二人を雇い昼夜怠らず時を知らせ続けました。このような由緒から第二次世界大戦においても供出を免れることができ、安中市ではこの鐘と、板鼻の称名寺の鐘、下秋間の桂昌寺の鐘の3つが供出を免れています。

真光寺の鐘(時の鐘)は、現在、お堂の傍らに建っていますが、かつては中山道からの入口すぐ東側にありました。

■参考資料:安中市教育委員会資料

観光地・施設情報

所在地群馬県安中市原市三丁目2-42
お問合せ先安中市教育委員会 文化財保護課(学習の森)
電話番号027-382-7622
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場あり
トイレ
自販機
売店
その他
真光寺の鐘(安中市)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 安中市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です