栗庵似鳩の墓 市指定史跡(伊勢崎市)

栗庵似鳩の墓

栗庵玉置似鳩(りつあんたまきじきょう)は大阪生まれの俳人で、明和8年(1771年)の冬に行脚の途中、那波郡蓮沼村(現在の上蓮町)に立ち寄ったのが縁でこの地に住し、「喰つみは 秋もてなさん 軒の栗」と詠んで庵号を栗庵と定めました。

寛政9年(1797年)12月23日に62歳で没するまで蕉風俳諧(しょうふうはいかい)の普及に務め、弟子の数は500人を超えたといわれています。

栗庵似鳩の墓は七回忌の際に弟子たちによって建てられてもので、表面に「雪仏 生まれし時の 顔に似よ 似鳩」と辞世の句を刻み、背面には似鳩の性格や没年、葬儀や建碑の事由が記されています。

観光地・施設情報

所在地群馬県伊勢崎市上蓮町134-1 隣り
お問合せ先伊勢崎市教育部 文化財保護課
電話番号0270-63-3636
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレ
自販機
売店
その他
栗庵似鳩の墓

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 伊勢崎市, 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です