鶴巻古墳史跡公園 市指定史跡(伊勢崎市)

鶴巻古墳(伊勢崎市)

鶴巻古墳は、ここから淵名地区にかけての地域で70基以上確認された淵名古墳群の一つです。鶴巻古墳は淵名古墳群の北端に位置し、直径34メートル、高さ2.5メートルの規模をもつ6世紀末頃の円墳です。

昭和43年に行われた発掘調査では、築造当時、墳丘の裾に円筒型の埴輪や馬、人物等の埴輪が配置され、周囲には堀がめぐらされていた事が確認されています。

内部の両袖型横穴式石室は全長5.2メートル、最大幅2.1メートルを有し、羨道(えんどう:玄室と外部とを結ぶ通路部分)と遺体を納めた玄室により構成され、天井には凝灰質砂岩の巨石5個を、側壁・奥壁には浮石質紡錘状角閃安山岩を削って互目積(ごのめづみ)されています。

この鶴巻古墳は盗掘により出土遺物はわずかで、小規模で被葬者も判明しておりません。

■参考資料:伊勢崎教育委員会資料

観光地・施設情報

所在地群馬県伊勢崎市東小保方町1859
お問合せ先伊勢崎市 教育部 文化財保護課
電話番号0270-63-3636
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場あり
トイレなし
自販機なし
売店
その他
鶴巻古墳(伊勢崎市)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 伊勢崎市, 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です