伝新田義重夫妻之墓(太田市)

伝新田義重夫妻の墓

新田義重は、義季(新田義重の二男または四男とも)を特に愛したといい、夫人と共にこの地にあった館で晩年を送り、没後邸内に葬られたと伝えられています。古来よりこの一郭は、義重夫妻の墓所と伝えられ、徳川幕府により特別に保護されてきました。

宝塔は、凝灰岩製で、相輪上部は欠失し、屋蓋(おくがい)は3個破損し鉄箍(かなたが)が巻いてあるが、塔身・基礎の状態は良く、現存部分の高さが140cmと往時をしのぶことができます。傍らの塔も凝灰岩製で、基礎のみが残り、宝塔と同じ時代に造られた塔と考えられています。

昭和45年の墓地整備の際、宝塔と他の基礎の下から1個ずつ四耳壺の灰ゆう陶器が出土し、火葬骨で満ちていて、遺骨は、塔下に埋葬されました。

観光地・施設情報

所在地群馬県太田市徳川町388-6
お問合せ先太田市観光協会(太田市役所商業観光課)
電話番号0276-47-1111
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし(縁切寺満徳寺駐車場を利用)
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他縁切寺満徳寺(資料館)の駆け込み門に面した道路を北側に進み、約100mほど歩いたところにあり
伝新田義重夫妻之墓

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 太田市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です