石造笠卒塔婆 国指定重要文化財(渋川市)

渋川市 石造笠卒塔婆 国指定重要文化財

石造笠卒塔婆は、南北朝時代の延文元年(1356)に造立され、塔身は安山岩で造られた高さ135cm、幅30cm、総高220cm(笠は損失、五輪塔の空風輪と火輪で補っている)。

銘文は、四面に刻まれ、上部に梵字の四方仏、下部に年号や比丘尼妙心らが33回忌に造立した趣旨が刻銘されています。

個人宅敷地内にありますので、見学等の際は一声かけて許可を得るなどしてください

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市石原1361
お問合せ先渋川市役所 文化財保護課
電話番号0279-52-2102
料金なし
時間常時
個人宅敷地内にあるため、常識ある時間帯に
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
国指定重要文化財 石造笠卒塔婆(渋川市)

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です