金井製鉄遺跡 群馬県指定史跡(渋川市)

群馬県指定史跡 金井製鉄遺跡

金井製鉄遺跡は、東向き斜面の先端を切断し、その急斜面に60cm程の石垣を積み、石垣から40xm程奥に粘土で炉が構築されています。

時期は、9世紀末のものと推定、炭窯が数機発見され、大規模な製鉄集団の存在が推測されてます。 原材料の砂鉄は、この地のもの精選して使ったといわれています。

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市金井1343
お問合せ先渋川市観光協会事務局(渋川市観光課内)
電話番号0279-22-2111
料金なし
時間なし
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他車を利用する場合は、遺跡手間への道幅が狭く、駐車する場所もありません。また、遺跡手前の人家から先は、車での進入はできませんので注意してください。
群馬県指定史跡 金井製鉄遺跡

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です