山上の多重塔 国指定重要文化財(桐生市)

桐生市 山上の多重塔

国指定重要文化財「山上の多重塔」は、総高約1.85mの安山岩製で、僧道輪によって延暦20年(801年)7月17日に建立された、平安初期における地方の仏教文化史上重要な石造物として、全国的にめずらしいもの。

塔婆碑文は、「絶えることのない地獄の苦しみから、すべてのものを救い、永く安らぎの地へ往くことができるように、ここに如法経を安置する塔を建てた。
(中文省略)
そしてこれは小師である道輪が関わった。」(史跡説明書きより転載)
とあります。

この多重塔は、赤城山麓の台地上に建ち、赤城山の眺めが非常によい場所にあります。

観光地・施設情報

所在地群馬県桐生市新里町山上2555
お問合せ先桐生市 新里支所 地域振興整備課
電話番号0277-74-2211
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場あり
トイレあり
自販機なし
売店なし
その他上毛電鉄新里駅から北西へ約3.9㎞(徒歩で約40分)
国指定重要文化財 山上の多重塔

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 桐生市   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です