真光寺 あじさい寺(渋川市)

渋川市 真光寺

真光寺は、慈覚大師円仁により平安時代に開山された名刹。戦国期には武田信玄の保護を受け、江戸時代には天台宗の関東五ヶ寺にも数えられています。真光寺は紫陽花寺としても名を知られ、6月中旬頃から7月上旬にかけて参道や境内を彩る。4月上旬頃~中旬にかけて咲くしだれ桜も見事です。

真光寺は、鐘楼にある洪鐘(おおがね:県指定重要文化財)など境内にはいくつもの文化財がある。

真光寺本堂

真光寺本堂

万日堂と鐘楼

万日堂と鐘楼

木彫狛犬

木彫狛犬(群馬県指定重要文化財)

狛犬は、木彫寄木造りの上に布を張り漆塗りされ、真光寺の鎮守白山神社の社殿内にあったものと伝えられている。彫り方は室町時代の作風を示しているされる。

総高52.5cm、鼻端から尾端まで67.5cm

洪鐘(県指定重要文化財)

洪鐘(県指定重要文化財)

この洪鐘は、万治3年(1660)に役僧・末寺・檀家によって再興され、冶工(やこう)は、高崎市の金井五郎右衛門。

鐘身は、高さ78.3cm、口径59.7cm、竜頭21.0cm

木暮足翁の墓

木暮足翁の墓(渋川市指定史跡)

足翁は、寛政元年(1789)に当時の渋川村の馬問屋に生まれ、吉田芝渓、僧周休、屋代弘賢に漢学・漢詩・国学を学び私塾を開き多くの門弟を養成した。のちに華岡青洲、高野長英から医学を学び、天然痘の予防接種も行った。

一石造地蔵菩薩像

真光寺の一石造地蔵菩薩像(渋川市指定重要文化財)

境内の万日堂北側の墓地にある一石造地蔵菩薩像は、基礎、後背部、笠が一石で造られています。 中央には、像高50cmの地蔵菩薩立像が浮彫りされ、笠部に鬼面が彫られています。

壱銭職の聖徳太子塔

壱銭職の聖徳太子塔(渋川市指定史跡)

壱銭職の聖徳太子塔は、安政3年(1856)に武蔵屋梅八が願主となり、当時壱銭職と呼ばれた100名ほどの髪結職人の人たちによって建てられた。石工は、信州高遠の人たちで、塔身に聖徳太子孝養像と、武蔵屋梅八の座像が刻まれている。

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市渋川748
お問合せ先真光寺
電話番号0279-23-5152
料金なし
時間境内自由
定休日なし
駐車場あり
トイレ不明
自販機なし
売店なし
その他■車
関越自動車道渋川伊香保ICより約10分

■電車
JR渋川駅から徒歩で約15分
真光寺

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, , 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 自然・花, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です