大島家墓地の石堂墓石 市指定史跡(渋川市)

大島家墓地の石堂墓石

大島家歴代墓石のうち、式部信忠、郷左衛門信吉、信吉の子半左衛門信光、信忠の五男五郎右衛門信政の墓石4基が石堂造りで渋川市指定史跡に登録されています。

江戸時代前期の農民層の墓石としては規模も大きく、4基とも2段の基礎、塔身、屋蓋、相輪の五石からなり、1m97cm(信政墓石)から2m63cm(信吉墓石)の総高があります。

大島氏(地侍)は、新田一門の義継の子孫と称し、戦国期には臼井城主長尾氏に仕え、落城後は安中城主井伊氏に仕えた。正保2年井伊氏の移封により帰農したとされています。

観光地・施設情報

所在地群馬県渋川市石原1307-1
お問合せ先渋川市役所 文化財保護課
電話番号0279-52-2102
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
大島家墓地の石堂墓石

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 渋川市, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です