笠塔婆三基及び板碑 群馬県指定重要文化財(甘楽町)

笠塔婆三基及び板碑

県内でも二十基程が確認されている笠塔婆が、この場所にまとまってあるのは珍しい。笠塔婆と板碑の4基は、当地で産する天引石(砂岩)で造られ、鎌倉時代後期の正安4年(1302)銘が刻まれている。

正面は、蓮の花をかたどった蓮弁を配した阿弥陀三尊で、中央が阿弥陀如来、向かって右が観音菩薩、左が勢至菩薩の種子(仏を表す梵字)が刻まれている。

※笠塔婆とは、上部に笠石をのせた卒塔婆で、板碑と同じ性格のもの。

観光地・施設情報

所在地群馬県甘楽郡甘楽町天引625-1
お問合せ先甘楽町社会教育課 文化財保護係
電話番号0274-74-3131
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他上信電鉄 上州新屋駅から徒歩約25分~40分
笠塔婆三基及び板碑一基

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 甘楽町, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です