壇塚古墳 群馬県指定史跡(前橋市)

前橋市 壇塚古墳 壇塚古墳は、月田古墳群のほぼ中央に位置する二段に構築された円墳で、周囲を含めた直径は約40mあり、墳丘部分は直径25m、高さ4mとなっています。出土した遺物や石室の形態などから六世紀後半に築造されたものと考えられています。

壇塚古墳の石室墳丘全面が人頭大の河原石を用いた墓石で覆われ、周掘は墳丘からやや離れて検出し、石室前に「渡り」を設けていた事など、昭和25年の群馬大学史学研究室の発掘、および昭和58年の旧粕川村教育委員会による周堀発掘調査でわかっています。

石室は、粕川系の安山岩の自然石を用いて乱石積み片袖型横穴式石室で、全長7.42m、最大幅2.05m、高さ1.9mとされています。

遺物は、石室内から直刀三振、小刀二振、他に刀子、鉄鏃(てつぞく)、耳環、玉類などが出土し、墳丘部分から家型埴輪や器材埴輪が、石室入口部分から人物、馬、器材などの埴輪も出土しました。

観光地・施設情報

所在地群馬県前橋市粕川町月田
お問合せ先前橋市教育委員会 文化財保護課
電話番号027-224-1111(代表)
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
壇塚古墳

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 前橋市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です