高縄の磨崖仏 市指定重要文化財(桐生市)

高縄の磨崖仏

高縄の磨崖仏は、赤城山の泥流によって運ばれた高さ3.8m、幅約4mの大岩の南面に弥陀三尊像が彫られています。

中央には、高さ56cmの阿弥陀如来、脇侍として右に高さ50cmの観世音菩薩、左に高さ50cmの勢至菩薩が半肉彫りされた典型的な配置で、鎌倉時代頃に彫られたものと推定されています。

高縄の磨崖仏拡大写真

観光地・施設情報

所在地群馬県桐生市新里町山上
お問合せ先桐生市 新里支所 地域振興整備課
電話番号0277-74-2211
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他
高縄の磨崖仏

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 桐生市   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です