松井家住宅(甘楽町)

甘楽町松井家住宅

松井家住宅は、江戸時代名主を務めた松井家を移築復元したもので、建築年代は江戸時代中期(18~19世紀初頭)とされています。この地方の代表的な農家造りの住宅として当時の様子がうかがえます。

松井家住宅に隣接する「道の駅甘楽」では、「きじ肉」と「きび」の入った混ぜご飯弁当「織田信雄公弁当」や特産のきじ肉、もちきびを使った名物「桃太郎ごはん」などが販売され、各種定食、農産物や地場のお土産なども販売されています。

松井家住宅内観

松井家住宅内観

観光地・施設情報

所在地群馬県甘楽郡甘楽町小幡444-1(道の駅甘楽)
お問合せ先甘楽町役場
電話番号0274-74-5445
料金松井家住宅の見学は無料
時間

9:00~18:00

  • フードコート
    10:30~16:30
  • 食堂
    11:30~16:00(ラストオーダー15:30)
定休日毎年1月1日(元日)
駐車場「道の駅甘楽」駐車場利用
トイレあり
自販機あり
売店あり
その他
松井家住宅

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 甘楽町, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です