後閑の五輪塔 市指定重要文化財(桐生市)

後閑の五輪塔(桐生市指定重要文化財) 後閑の五輪塔は、高さが1.63mの凝灰岩製で、火輪の笠石がやや反りかえった室町時代初期の特徴をもっています。五輪とは、宇宙の五代要素といわれる空・風・火・水・地をさし、五輪塔が建てられるようになったのは平安時代までさかのぼります。

現在は、五輪塔の空と風にあたる空輪と風輪が破損し傍らに置かれています。

観光地・施設情報

所在地群馬県桐生市新里町山上1357-2
お問合せ先桐生市 新里支所 地域振興整備課
電話番号0277-74-2211
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場なし
トイレなし
自販機なし
売店なし
その他地図はおおよその場所を示しています。
後閑の五輪塔

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 桐生市   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です