赤城神社 元宮(前橋市)

赤城神社元宮(赤城山)

赤城神社(元宮)は、赤城山の大沼湖畔に鎮座し、山と湖の神 赤城大明神を祀っています。また、崇神天皇の御代、皇子(豊城入彦命)が上毛野国へ入国の折、平和と安全を祈り大国主命をお祀りしたと伝えられています。

赤城神社 元宮(もとつみや)は、大洞元年(806年)、旧跡地より大沼南端の地に神社を移し建て替えた際、大沼南端の地をその年号にちなんで大洞と名付けたことから、大洞赤城神社の呼び名でも親しまれていた。

江戸時代には、相殿に徳川家康公を祀り将軍家、諸大名からも厚く信仰され、寛永18年に社殿が火災で焼失すると、翌寛永19年(1642)三代将軍徳川家光が命じて社殿が再建されています。歴代厩橋(前橋)城主も、例大祭の折自らも参列し祈願したと云われています。

寛永19年に徳川家光の命で再建された社殿は、赤城山の厳しい環境によって荒廃し、昭和45年7月に再建竣工された。

観光地・施設情報

所在地群馬県前橋市富士見町赤城山 4-2
お問合せ先赤城神社
電話番号027-287-8202
料金参拝自由
祈願等の初穂料その他についてはホームページをご確認ください。
時間常時
定休日常時
駐車場あり
トイレあり
自販機なし
売店なし
その他お守り、お札などの販売はあり。
赤城神社元宮

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 前橋・高崎・伊勢崎・赤城・榛名, 前橋市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 見どころ・遊びどころ   タグ:   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です