永徳寺 徳川発祥の地(太田市)

天台宗永徳寺

永徳寺は、寺伝によると、天台宗の開祖伝教大師最澄の弟子 宥海上人(ゆうかいしょうにん)によって、大同元年(806)に創建され、関東最初の天台三道場の一つとであったと云われています。

建久3年(1192)、徳川氏の祖 新田義季が徳川郷に居館を構えると、薬師如来を深く信仰し当寺を祈願所とした。天正19年(1591)には、徳川家康が将軍家発祥の地として、徳川郷450石すべてを朱印地とし、年貢課役免除・守護不入の特権が認められた際、永徳寺も50石の朱印地を拝領した。

寛永年間、天海僧正が世良田の長楽寺を再興し、当寺を天台宗に改宗した際には、永徳寺が長楽寺の末寺百余ヶ寺の筆頭とされ、長楽寺における灌頂(かんじょう)の教授役を代々永徳寺の住職が勤めることが定められた。

永徳寺は、江戸時代の元禄、宝永など度々利根川の洪水にあって、寺地を何度か移転し、更に文化14年(1817)には火災によって堂宇(堂の建物)尽く焼失し、長楽寺は円雄を住職として派遣し再建にあたらせた。円雄は、文政6年(1823)に寺社奉行より本堂再建助成のため、上野、武蔵二ヶ国の寄付をつのる許可を得て、弘化2年(1845)に本堂・庫裡・諸堂・築地石垣等の造営を行った。

永徳寺本堂

永徳寺本堂

永徳寺不動堂

永徳寺不動堂

かつて境内にあって徳川家康を祀った権現堂は、大正13年(1924)に徳川東照宮の拝殿として移されています。明治41年には、徳川河岸にあった船頭の守本尊とされてきた不動様のお堂を移築した。

観光地・施設情報

所在地群馬県太田市徳川町373-1
お問合せ先
電話番号
料金なし
時間常時
定休日なし
駐車場あり(県道298号線を挟んだ向かいに無料駐車場あり)
トイレあり
自販機なし
売店なし
その他
永徳寺

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 太田市, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 桐生・太田・館林, 見どころ・遊びどころ, 見る・遊ぶ   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です