富沢家住宅 国指定重要文化財(中之条町)

富沢家住宅 富沢家住宅は、18世紀末に建てられた大型の養蚕農家で、国の重要文化財にも指定された国内最古の建物です。富沢家のある大道集落(大道新田といわれた)は、天正3年(1575)頃、開拓によってできた集落と伝えられ、江戸時代、三国街道の脇道が通り、川の増水などで本街道が通行できない時などは、大名や幕府の役人が通行したこともありました。

富沢家は、江戸時代初期以来大道新田の名主を務め、米作、養蚕、麦・雑穀や繭の取引、駄馬による運送業、金融業などを営んでいた。 富沢家住宅のデバリ部分の1階 富沢家住宅は、木造二階建ての入母屋造で、東西約24m、東北約13mの大型農家。2階は間仕切りのない一室で、正面は2階を支える梁が1階より外側に張り出した構造となり、張り出した部分に手すりをつけベランダ状に作られています。この部分は、養蚕の際、通路としての利用や桑を運び上げる際に利用されました。 富沢家住宅座敷 1階には広い土間があり、街道の荷物輸送の際の一時保管や整理に使われた。土間の隣には家族の居間として使われた囲炉裏のある座敷があり、座敷の奥に「でえ」「なかでえ」「上段」と三間続きの部屋もあり、幕府役人の宿泊に用いられていました。

観光地・施設情報

所在地群馬県吾妻郡中之条町大道1274
お問合せ先中之条町教育委員会
電話番号0279-76-3111
料金入館料なし。文化財維持・管理として、大人 100円/小人 50円の協力を任意で
時間9:00~17:00(外観は常時)
定休日
駐車場あり(駐車場までの大型バスの通行はできません)
トイレあり
自販機なし
売店なし
その他■車利用
関越自動車道 渋川伊香保ICから国道353号で中之条方面へ。松見橋信号三叉路を右方向へ進み、中之条信号を右折後直進約17km。

■電車
JR吾妻線「中之条駅」からタクシー利用。

富沢家住宅への道路は、道幅も狭い場所があり、大型バスでの通行はできません。
富沢家住宅

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 中之条町, 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 草津・万座・北軽井沢・四万・吾妻, 見どころ・遊びどころ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

富沢家住宅 国指定重要文化財(中之条町) への口コミ 1件

  1. ピンバック: 【レポート】「中之条ビエンナーレ」 参加に向けて現地視察してきました! ~足湯茶会?宇宙茶会?茶カー茶会? | アバンギャルド茶会

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です