小幡の中小路と武家屋敷(甘楽町)

甘楽町・小幡藩中小路

甘楽町は、織田信長の次男・信雄から8代(152年)にわたり織田氏が統治した土地で、織田家ゆかりの城下町として当時の面影を残しています。この武家屋敷地区の中小路に面して、武家屋敷の面影を残す小幡藩勘定奉行「高橋家」や、中小路の石垣(柴田家)、食い違い郭などがあります。

小幡藩勘定奉行『高橋家』

小幡藩勘定奉行『高橋家』

大奥の庭園

大奥の庭園(中小路側から)

食い違い郭(くるわ)

食い違い郭(くるわ)

中小路の石垣

中小路の石垣(山田家)

観光地・施設情報

所在地群馬県甘楽郡甘楽町小幡827他
お問合せ先甘楽町役場振興課 商工観光係
電話番号0274-74-3131
料金なし
時間常時
定休日常時
駐車場あり(中小路駐車場など)
トイレあり
自販機あり
売店
その他※トイレ・自販機は、中小路駐車場にあります。
群馬県甘楽郡甘楽町小幡827小幡藩中小路の武家屋敷

この記事が登録されたカテゴリ

カテゴリー: 文化財・旧跡・史跡・天然記念物, 甘楽町, 碓氷・妙義・安中・富岡・藤岡, 見どころ・遊びどころ   タグ: ,   この投稿のパーマリンク

クチコミ投稿

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です